採用情報

令和2年度採用の職員募集

令和2年度 阿新農業協同組合募集要領

JA阿新は、令和2年4月に県内8JAの合併により、全国最大規模のJA晴れの国岡山となります。食と農を基軸として地域に根ざした協同組合として地域と農業の発展に全力で取り組みます。こうした使命に共感し、情熱を持って働いていただける若い人材を募集します。

採用人数 若干名
職種 信用・共済・購買・販売・営農業務の事務、営業、推進等
応募資格 昭和49年4月2日以降生まれで、学校教育法に基づく大学・短大等・高等学校を卒業した者。(大学・短大等については令和2年3月卒業見込みの者を含む。) ※例外事由3号のイ
応募書類 (1)採用試験申込書(当組合指定)
(2)受験票(当組合指定)
(3)履歴書
(4)学校成績証明書
(5)卒業見込証明書
※上記書類とは別に、住所・氏名を記入した返信用の2号封筒(120円切手を貼付け)を添付
※申込書、受験票、履歴書には3か月以内に撮影した半身正面向き脱帽の写真(5cm×4cm)3枚を貼付けのこと
当組合指定の採用試験申込書はこちらからダウンロードして印刷してください。
ダウンロードできない場合には、郵便番号と宛先を明記した返信用封筒(定形)に切手を貼り、企画管理課まで送付ください。各支所・出張所・営農経済センター・企画管理課の窓口でも交付しています。
採用試験 第一次試験(筆記/一般教養、適性検査)令和元年8月上旬に当JA本所で実施
(試験日はお申込みいただいた方に改めて当JAよりご案内します)
第二次試験(面接)令和元年9月上旬に当JA本所で実施
(第一次試験合格者に当JAより通知します)
給与 大学卒175,000円~
高校卒158,400円
この他に家族手当、資格手当、通勤手当、職務手当等あり
賞与(平成30年度実績) 夏(2か月)冬(3か月)年度末(1ヵ月プラス5万円)
応募の受付期間 令和元年5月21日(火)~令和元年7月19日(金)午後5時まで
郵送の場合はこの期間の消印をもって受理します。
応募先およびお問合せ先 JA阿新 企画総務部企画管理課
〒718-8530 岡山県新見市高尾2423
TEL 0867-72-3131
メールでのお問い合わせはこちら

JAで働いてみて 先輩職員からのメッセージ

中山真莉奈(駅前支所・貯金係)

 平成29年入組

仕事内容
 入組以来、駅前支所の窓口を担当し、3年目を迎えます。窓口業務では貯金、税金、各種支払の受付、各書類の整理、作成などをしています。また、推進業務もあるので窓口を閉めた後、お客さまの所へ訪問しています。

働きがい・目標
 就業中はお客さまと接する時間が長いので、窓口でのやりとりの中で「どう伝えたら理解してもらえるだろう」「忙しい業務の中でどう処理すれば効率よく仕事ができるだろう」と、日々考え学びながら働いています。職場は家族のように何でも言い合え、遠慮なく聞ける、風通しのよさが気に入っています。
 まずは、貯金など金融商品の内容を的確にわかりやすく説明できるようになりたいです。まだ上司に聞くことは多いですが、「貯金のことなら何でも知っている」と頼りにしてもらえる職員になるのが目標で、これからも意欲的に知識を習得していきます。

就活生へ
 自分に合った就職先を決めるのは大変だと思いますが、自分に向いているかは就職活動だけではわからないことが多いと思います。検討しなかった職業も、興味があるのなら挑戦してみるのもいいかもしれません。また、人間関係が一番重要だと思います。時間があれば、その店舗に行き、雰囲気を感じてみてはどうでしょうか。JAは農業だけでなく、貯金やAコープ、葬祭といった様々な事業をしているので、いろいろな経験ができ、プラスになると思います。

山下剛(金融課・渉外係)

 平成27年入組

仕事内容
 入組時には支所の共済窓口に配属になり、主に自動車共済の契約手続きを任されました。専門性の高い業務に最初は戸惑いましたが、研修会や先輩の助言を受けながら仕事を覚えました。先輩からは窓口トークのノウハウなどを教わりました。
 現在は、本所金融課で渉外担当をしています。組合員さまのお宅を回って歩き、貯金の払い出しや書替手続き、共済や積立の集金、キャンペーン案内や年金受給の推進などに携わっています。

働きがい・目標
 車を持たないお年寄りへの年金宅配などの訪問が多く、「何度も足を運んでくれて助かる。ありがとう」と感謝していただけるのがやりがいです。訪問先では、貯金業務以外にも共済、営農、購買などさまざまな相談を受けることがあります。先輩に教わりながら、JAマンとしての総合的な知識を身に付け、お客さまから一番に頼られる存在になり、良い関係を築いていきたいです。後輩からも目標にしてもらえる職員になりたいと思います。

就活生へ
 自分はほとんど就職活動をしておらず、JAでの仕事は漠然としたイメージしかありませんでした。就職するまで、仕事はどんな内容で自分にできるだろうかという不安もありました。実際に働きやすい職場で良かったと感じていますが、できることなら自分に合った職場や職種を見つけるためには、情報収集して、見たり、聞いたりして積極的に行動することが大事だと思います。

広重真実(園芸課・営農指導員)

 平成24年入組

仕事内容
 入組時は地元の大佐支所に配属になり、購買や営農指導の業務を担当しました。農業の経験が浅く肥料や農薬等の知識がない中、組合員さんと接することが多く、最初は不安ばかりでした。先輩や上司の指導・フォローを受けながら仕事を覚え、少しずつ仕事が楽しみになりました。
 昨年より園芸課に配属され、主に果樹(桃)・野菜などの生産支援・出荷・販売などに携わっています。ほ場に足を運んで状況を把握し、的確なアドバイスができるよう勉強の毎日です。地域の特産品を守り、広めていくのも使命と思って熱意を注いでいます。

働きがい・目標
 農作物の生産技術や病害虫防除、生育具合などについて「見に来てほしい」と頼りにしてもらえるのが一番のやりがいです。その場ですぐにアドバイスできないこともありますが、先輩職員や上司に相談したり、自分で調べたりして対応しています。出荷時に「よいものができた。ありがとう」と声を掛けていただけると、自分のことのようにうれしく思います。まずは組合員さんのところへ行き、会話することを大切に知識や経験を積み重ね、何でも気軽に相談してもらえる営農指導員、販売担当者になるのが目標です。

就活生へ
 JAは組合員に寄り添い、人と人との輪が広がる職場です。さまざまな事業や業務がある中で、いろいろな知識を習得でき、人間関係も広がるので、自分自身のためにもなると思います。先輩や上司も親身になって相談に乗り、わかりやすく丁寧に指導してくれます。ぜひ私たちと一緒に地域と農業を盛り上げていきませんか。