千屋牛振興会(千屋牛指定販売店・指定外食店)





TOP





指定販売店

指定外食店



位  置



構  成

肉の部位の名前

肉の規格





千屋牛(ちやぎゅう)

 「千屋牛」は、黒船が来航した西暦1800年頃、製鉄で財を成した太田辰五郎によって品種改良された黒毛和種です。

千屋牛物語 (日本最古のつる牛物語)
 
 日本の和牛ルーツここにあり!

  西暦1850年頃、黒船が来航した頃じゃ。
  備中国阿賀郡実村(現・新見市千屋)に
  製鉄で大金持ちになった太田辰五郎がおった。
  今後、砂鉄も将来は底をつく。
  燃料の木炭もしかり。
  耕地も少ないこの村に、後世まで
  根付く産業はないものか…
  そうだ!牛を飼おう!
  牛は草があれば飼える。
  糞は田畑のこやしになる。
  良い牛は高値で取引される。
  牛を増やせば村は潤うはずじゃ。
  辰五郎は、新見の竹の谷集落の難波千代平の
  良い牛を購入し、千屋に連れて帰り
  牛の子を農家に預けて牛を増やしたんじゃと。
  こうして生まれたんが「竹の谷蔓牛」。
  それが千屋牛の祖先になったんじゃ。
  昭和に入ってから、
  和牛登録協会の創設者・羽部義孝氏が
  日本の和牛改良のルーツを調査してみたところ、
  なんと日本最古の「つる牛(系統牛)」が
  岡山県新見市におったというのが、わかったんじゃ。
  日本最古の蔓牛(千屋牛)は、
  ”和牛の中の和牛“というわけじゃ。

太田辰五郎



問い合わせ
千屋牛振興会
事務局JA阿新畜産課内
718-8530
岡山県新見市高尾2423
TEL(0867)72-3079
E-MAIL
tikusan@an.oy-ja.or.jp