千屋牛振興会

和牛のルーツ「千屋牛」とは?

千屋牛の歴史

日本三名蔓の一つ、国内最古の伝説

千屋牛をご覧になる昭和天皇

 特に優れた和牛の系統群を蔓牛と呼びます。資質・発育・繁殖などで優れた特性を持ち、中国地方では江戸時代末期から近親交配により系統の維持・固定が行われてきました。「竹の谷蔓」「周助蔓」「岩倉蔓」は日本3名蔓といわれ、中でも千屋牛の産地である新見市で生まれ、造成された「竹の谷蔓」が最も古いと歴史に刻まれています。体格がよく足腰が丈夫で、資質品位に優れ、繁殖能力も高いことから全国に広がり、現在の和牛の礎となりました。それが和牛のルーツといわれるゆえんであり、新見ののどかな気候風土の中で、由緒ある産地を大切に守り続けています。

千屋牛物語(日本最古のつる牛物語)

日本の和牛ルーツここにあり!

太田辰五郎

 西暦1850年頃、黒船が来航した頃じゃ。
備中国阿賀郡実村(現・新見市千屋)に製鉄で大金持ちになった太田辰五郎がおった。

 今後、砂鉄も将来は底をつく。燃料の木炭もしかり。
耕地も少ないこの村に、後世まで根付く産業はないものか…
そうだ!牛を飼おう!牛は草があれば飼える。
糞は田畑のこやしになる。良い牛は高値で取引される。
牛を増やせば村は潤うはずじゃ。」

 辰五郎は、新見の竹の谷集落の難波千代平の良い牛を購入し、
千屋に連れて帰り牛の子を農家に預けて牛を増やしたんじゃと。

 こうして生まれたんが「竹の谷蔓牛」。それが千屋牛の祖先になったんじゃ。

 昭和に入ってから、和牛登録協会の創設者・羽部義孝氏が日本の和牛改良のルーツを調査してみたところ、
なんと日本最古の「つる牛(系統牛)」が岡山県新見市におったというのが、わかったんじゃ。

 日本最古の蔓牛(千屋牛)は、“和牛の中の和牛”というわけじゃ。

新見市千屋地区に開設されていた牛市。優良牛を求めて全国から多くの購買者でにぎわっていました。

山間の棚田で農耕牛として重宝

千屋牛の定義

千屋牛は、繁殖、肥育から生産まで品質を大切にしたブランド牛です。

 新見市内で繁殖・肥育一貫生産されたもの。または岡山県下で生産された子牛を導入し、新見市内で約18ヶ月間以上肥育されたもの。

 千屋牛は、国産の稲わらを給与しています。

緑の中、雪の中で放牧しています

5つのコンセプト

千屋牛の格付け

 (社)日本食肉格付協会の格付規格で肉質等級3規格以上を千屋牛とし、4規格以上は特選千屋牛と定めています。肉質等級は、霜降りの度合い、肉の色つや、肉質のきめ細かさ、脂肪の質など総合的に評価したものです。

歩留り等級
A・B・C
枝肉の割合が大きいほど等級が高くなります。
(高 A-B-C 低)
  「A」「B」3等級以上を
千屋牛とします。
肉質等級
1~5
数字が大きいほど色鮮やかな霜降りできめ細かい肉質になります。 1 2 3 4 5
BMS
1~12
数字が大きくなるほど美しい霜降りになります。   3~4 5~7 8~12

千屋牛を味わう

おいしさの特徴

ジューシーな舌触り、凝縮した旨みが口の中に広がります ほどよい霜降りと赤身が絶妙なバランスで重なり合い、適度にサシ(脂肪)が入っているのが特徴です。旨みのもとである良質なアミノ酸と不飽和脂肪酸が多いことで生まれるやわらかな食感と香りが、和牛本来の味を引き立てます。一般的に和牛本来の味がしっかりしていると称され、ジューシーな舌触り、凝縮した旨みが口の中に広がります。

部位ごとの特徴

牛の部位図 カタ 肩ロース リブロース サーロイン ヒレ モモ ランプ バラ スネ スネ

商標登録

商標登録証 千屋牛は平成19年に特許庁から地域団体商標登録として認められたブランド牛肉で、JA阿新が商標を所有しています。千屋牛振興会が定める要件を満たし、審査会で認められた生産農場、販売店、外食店を会員として指定登録しています。会員には指定登録証を発行し、店頭などで掲示しています。これが正真正銘の千屋牛を扱っている証になります。