旬の話題

A級グルメ創作料理で味わって/牛まぶしおこわ提案/千屋牛&あしん源流米

2015.11.18

 JA阿新がA級グルメとして売出し中の特産「千屋牛」や「あしん源流米」などを使った創作料理ができました。この秋、新見市が開いたA級グルメフェアで、岡山市のANAクラウンプラザホテル岡山の副総料理長の内海久典シェフが和食で提案した「千屋牛まぶしおこわ茶漬け」など4品。試食した来場者からも「牛肉と米のうま味を新しい食べ方で楽しめる」と好評でした。

和食をテーマにした創作料理を提案する「新見A級グルメフェア」
和食をテーマにした創作料理を提案する「新見A級グルメフェア」

 「千屋牛まぶしおこわ茶漬け」は、あしん源流ヒメノモチで炊いたおこわ飯の上に、醤油で下味を付けて炙った牛肉ロースを載せた一品です。肉ソースや薬味を盛り付け、牛スジを煮込んで取った出汁を茶漬け風に注いで味わいます。おこわ飯はシイタケやマイタケの他、煎茶も加えて香り豊かに炊き上げました。内海シェフは「おこわと牛肉という互いに個性の強い素材だが、『千屋牛』と『あしん源流米』の組み合わせによって互いのおいしさを最大限に引き出せる」と太鼓判を押します。

 料理ショーではこの他、「千屋牛炙りにぎり寿司」「ピオーネのTETTAワインシロップ漬け」などの実演もありました。JAの担当者や農家が生産に懸ける思いを語り、「中国山地のきれいな水や空気、昼夜の温度差といった気候風土を生かし、A級グルメにふさわしい高品質な農産物を届けていきたい」と消費者にアピールしました。

千屋牛やあしん源流米を使った創作料理「千屋牛まぶしおこわ茶漬け」
千屋牛やあしん源流米を使った創作料理「千屋牛まぶしおこわ茶漬け」