旬の話題

ふるさとの味アピール/乾ピオーネやニンニクみそ/新たな加工品次々

2015.11.18

JA阿新女性部が家庭の知恵を生かして特産加工品を次々と作り出しています。この秋にはブドウ「ピオーネ」のレーズン入りおやきやニンニクみそなどを初めて農産物直売所で対面販売しました。ふるさとの家庭の味をPRし、商品の一部は新見地方農村生活交流グループ協議会のお歳暮セットでも注文を受付け、全国に発送します。

ピオーネのレーズン入りおやきの他、そばかりんとうや干柿などを販売した草間支部のメンバー
ピオーネのレーズン入りおやきの他、そばかりんとうや干柿などを販売した草間支部のメンバー

 

ニンニクみそなどを販売する美穀支部のメンバー
ニンニクみそなどを販売する美穀支部のメンバー

商品はどれも部員たちの地産地消活動の中から生まれました。身近で生産する農産物を家庭の手料理で試したら好評だったため「多くの人に味わってほしい」というのが共通の思いです。農産物直売所での販売は1日限りですが、部員たちは「お客さんの声を直接聞き、作る喜びを感じながら地域おこしにつなげたい」と意欲をみせます。

11月14日、15日には、草間支部と美穀支部がJAあしん広場で対面販売しました。新商品の他、そばかりんとう、ピオーネジャム、干柿、手作りこんにゃくなども持ち寄りました。レーズン入りおやきは、ブドウ農家の女性部員が家庭で乾燥保存させた出荷規格外の「ピオーネ」を活用。餡を小麦粉で包んで焼く郷土料理の「けんびき焼き」の中に入れ、ブドウの酸味や香りを効かせました。

草間支部が試作販売したピオーネのレーズン入りおやき
草間支部が試作販売したピオーネのレーズン入りおやき

初めて対面販売に参加した美穀支部の部員たちは「イベントに積極的に参加して日頃の活動を外部へアピールし、地域を盛り上げたい」と笑顔で話しました。お歳暮セットは新見農業普及指導センターで12月1日まで注文を受付けています。この他、JAあしん広場でも販売しています。

ごはんやサラダなどにもよく合う「ニンニクみそ」
ごはんやサラダなどにもよく合う「ニンニクみそ」