新着情報

農業用廃プラ・農薬を回収します/3月5日から市内7か所で

2018.3.4

適正処理は農家の義務です

農業で不用になったプラスチックやビニール、農薬などは、使用者(農家)の責任に基づいて適正に処理することが義務付けられています。JA阿新はこうした農家の負担を軽減するため、3月5日から市内7か所で回収にあたります。野焼きや投棄は環境に悪影響を及ぼすだけでなく、農家のモラルや産地の信頼も損ないかねません。業者に一括して委任するこの機会に適正に処理しましょう。

農薬の保管整理のポイントは、こちらからPDFをダウンロードしてご覧になれます。

 【回収スケジュール】

3月5日(月)土橋選果場

3月6日(火)森国選果場

3月7日(水)宗金リンドウ選花場

3月8日(木)新郷営農経済センター(旧新郷出張所)

3月9日(金)カントリーエレベーター

3月12日(月)哲多選果場

3月13日(火)大佐支所

受け付けは午前9時から午後4時まで。当日は印鑑が必要です。

【分別方法・費用】

農業用プラスチック

ハウスビニール、マルチ、トンネルフィルム、肥料用ポリ袋、ポリシート、畦シート、育苗箱。種類別に分け、20㎏程度に梱包する。費用は55円/㎏程度になる見込み。ビニールやポリ袋ははひもで縛るなどしてまとめる。

ビニールやポリ袋はひもで縛るなどしてまとめてください。

農薬・空容器

農薬全般(粉、粒、水和、液、フロアブル剤)。費用は200円/㎏程度になる見込み。

「規制等で処理が困難なもの」「内容成分が確認できないもの」も別途処理費用がかかりますが、回収しますので、事前にご相談ください。

農薬全般を回収します

【お問合せ】

お近くの各支所・出張所・営農経済センター、園芸課(℡72-3134)