旬の話題

健康な牛を安定生産/繁殖牧場が下支え/笑味ちゃん天気予報でPR

2016.5.11

繁殖農家の高齢化が進む中、千屋牛を消費者に安定して届けるため、JAの牧場に期待が高まっています。繁殖肥育一貫経営を通じて、昨年度は年間出荷頭数(764頭)の4割に当たる334頭を生産しました。6月からは恵まれた自然環境を生かして放牧にも取り組み、増頭を見据えながら一層の低コスト省力化を進めます。5月11日にはテレビ番組「笑味ちゃん天気予報」で千屋牛の素牛を生産する長久牧場に焦点を当て、健康な子牛を産ませて育てるための生産現場の気配りや思いなどを伝えました。職員は「牛の気持ちや体調を察しながら細やかな管理に努め、安全安心な千屋牛の生産を下支えしたい」と語りました。

子牛を手厚く哺育している長久牧場
子牛を手厚く哺育している長久牧場