旬の話題

土や人と楽しく触れ合う/市内小学校で野菜植え

2016.6.4

JAが市内小学校などと連携して取り組む今年の食農体験学習が始まりました。6月1日までに刑部小・野馳小・新砥小、神郷地区の幼児クラブで児童らが夏野菜の苗の植付けや種まきなどに汗を流し、地域住民らとふれあいを深めながら土の感触を楽しみました。JA女性部員や青壮年部員、職員も出向き、「野菜を自分たちで育てる苦労や喜びを味わい、安全安心な食べ物を作る農業の役割を知ってほしい」「生まれ育った土地の香りや人柄に親しみを感じ、郷土の将来を担う大人に成長してほしい」などと期待を込めてサポートしました。児童は「土がふかふかしていて温かい」「友達と協力しておいしい野菜を育てたい。大好きなトマトの収穫が楽しみ」と笑顔をみせました。動画はこちらから

JA女性部や職員、地域住民から教わりながら野菜の苗を植えました。
JA女性部や職員、地域住民から教わりながら野菜の苗を植えました。
収穫に思いをはせながら苗を植える児童
表情豊かにトウモロコシの苗を植える児童
水やりをしっかりして野菜を育てます。
水やりをしっかりして野菜を育てます。