旬の話題

持続可能な農業・豊かな暮らしへ/農業経営や移動購買など新事業も/第45回通常総代会

2016.6.29

JA阿新は6月25日、新見市内で第45回通常総代会を開き、JA自己改革の実践に向けた新たな3か年計画などを設定しました。①持続可能な農業の実現②豊かで暮らしやすい地域社会の実現③経営基盤の強化を重点目標に掲げ、「食と農を基軸とした地域に根ざした協同組合」として、農家所得の増大や農業生産の拡大に全力で取り組み、地域活性化に貢献します。具体的には農業経営や移動購買などの新規事業に乗り出す他、大規模な機構改革、女性が活躍する職場づくりなどを計画に盛り込みました。

山本日吉司組合長は「地域創生に向け役職員一体となって自己改革の実践に取り組む」と力を込めました。総代会には委任状などを含む総代522人が出席し、10議案を承認しました。

10議案を慎重に審議した通常総代会
10議案を慎重に審議した通常総代会