旬の話題

桃太郎トマトのブランド強化へ/3JA合同で出荷進発式

2016.7.12

県産夏秋トマトの主力産地である阿新、びほく、まにわの3JAが連携し、「桃太郎トマト」のブランド力の強化に乗り出しました。7月7日に高梁市で開いた出荷進発式には各産地の関係者ら約120人が集まり、市場販売力の強化や消費宣伝活動などに力を合わせて取り組むことを確認。出荷量2215㌧、販売額7億3000万円の達成を誓いました。JA阿新トマト部会の橋本澄男部会長は「将来にわたって持続可能な生産を実現するため、互いに情報共有や切磋琢磨し、消費者に喜ばれる安全安心おいしい桃太郎トマトを届けていこう」と述べました。

安全安心おいしい桃太郎トマトを届けていきたいと意気込みを述べる橋本部会長
安全安心おいしい桃太郎トマトを届けていきたいと意気込みを述べる橋本部会長