新着情報

きぬむすめ特A獲得/ブランド化に弾み

2017.3.1

日本穀物検定協会が発表した2016年産米食味ランキングで、岡山県産「きぬむすめ」が食味が最も良いとされる「特A」を獲得しました。新見市内では温暖化の影響で夏場の品質低下が懸念される標高200メートル前後の中南部地域の他、主力「コシヒカリ」との作業分散を狙う大型農家を中心に導入。2016年産は約100haを作付け、280tを出荷しています。絹のように艶やかな白さ、あっさりした飽きのこない味わいが特徴です。

農家からは「作りやすくて収量が安定している上、食味もコシヒカリと変わらない」と支持を得ていたものの、知名度の向上が課題でした。JA全農おかやまなど関係機関と連携し、肥培管理の試行錯誤や定期的な検討会を重ねて技術の向上に努めました。「特A」獲得を受け、農家の生産機運も高まりつつあり、JA農産課は「価格が手頃でおいしい米をぜひ食べてみてほしい。生産のすそ野を広げ、コシヒカリに次ぐブランド米として定着させたい」と話しています。

岡山県新見産「きぬむすめ」はこちらからお買い求めいただけます。

岡山県新見産「きぬむすめ」はJA阿新の各店舗(Aコープあしん店、あしん広場、あしん館宝塚店、宝塚花のみち店)で販売しています。
岡山県新見産「きぬむすめ」はJA阿新の各店舗(Aコープあしん店、あしん広場、あしん館宝塚店、宝塚花のみち店)で販売しています。