旬の話題

千屋牛グルメ多彩に/コロッケを新名物に/JAあしん広場GWセール

2018.5.1

JA阿新が農産物直売所「JAあしん広場」の店頭イベントで提供する特産「千屋牛」のご当地グルメが充実しています。ホルモンうどんや串焼き、牛汁に加え、今年の大型連休ではコロッケの販売を新たに始めました。買い物や行楽ついでに手軽に味わえるのが魅力で、新名物として売り込み、「千屋牛」での町おこしをけん引します。

店頭で千屋牛コロッケを揚げ、買い物客に売り込む職員

「千屋牛」コロッケは、昨年夏にJA全農おかやまの協力を受け、商品化しました。粗挽き肉とジャガイモをしっかり煮込み、「千屋牛」の軟らかな食感とコクを味わえます。主に同JAのAコープ店で冷凍商材や惣菜で販売し、地元リピーター(再訪問者)を増やしていました。

「JAあしん広場」には、新見A級グルメ”を代表する「千屋牛」を求めて市内外や県外から年間27万人が訪れます。同市が抱える人口減少の課題を行政と共有し、観光客の誘致に貢献することで、JA自己改革に掲げる地域活性化につなげます。その一環で特産品PRと行楽客の呼び水にしようと、GWセールのご当地グルメにコロッケを加えました。

4月28日からは他部署からも職員を売り子として動員。牛串を焼いたり、コロッケを揚げたりするよい香りが来場者を誘っています。岡山市の男性は「千屋牛を食べに来た。コロッケは価格が手頃でここでしか味わえないので」と次々と買い求めました。JAあしん広場は「度々訪れて千屋牛の多彩なグルメを楽しんで」と歓迎しています。

店頭イベントのご案内はこちら

外はサクサク、中はジューシーな千屋牛コロッケ。粗挽き肉とジャガイモをじっくり煮込んでやわらかでコクのある味わいです。