旬の話題

目と耳の相談を再開/地域に根ざし寄り添う/電話1本で自宅訪問

2018.6.6

JA阿新は5月から組合員の目と耳に関する相談に出向いて対応するサービスを再開しました。約30年間取引のあった業者が今年3月末で外商部門から撤退したことで、「毎日使う補聴器やメガネなので調子が悪くなると困る」「車を持たないので家から出るのが難しい」と高齢者が困惑していました。そこで新たな業者「メガネのカメイ」での対応を検討し、サービスの継続にこぎつけました。

新サービスは従来通り電話1本で自宅に訪問する他、原則毎週水曜日に管内の支所・出張所などの店頭で無料相談会を開きます。専用ワゴン車に検眼器や超音波メガネ洗浄器、聴力測定器、視聴器を搭載。専門資格を持つスタッフがメガネ・補聴器の提供から調整、修理まで個別に応対します。担当者は「お客様の暮らしに寄り添い、信頼関係を築いていきたい」と力を込めます。

総合展示会に設けた「メガネのカメイ」相談ブース