旬の話題

新見の味を全国へ/加工品セット限定発売/JA阿新がPR協力

2018.11.9

JA阿新の農産物直売所に並ぶ手作り加工品を詰め合わせた、「お歳暮セット」の販売が始まりました。農村の暮らしに息づく、農家の知恵や技を継承する新見地方農村生活交流グループ協議会が毎年、共同で荷作りや発送を手掛けています。JAは試食用コシヒカリやパンフレットを同封し、農産加工やふるさとの味を全国に届ける活動を情報発信で協力すします。

手作り加工品を紹介する新見地方農村生活交流グループ協議会のメンバー

先人から受け継ぐふるさとの伝統の味を後世に伝えようと、農家女性を中心とした4グループが、地元の農産物に手間暇をかけて加工しました。もち、干し柿、大根のちょうちん切り、そばかりんとう、手造りみそ、トマトジャム、トマトケチャップ、梅干し、クッキーなど12品です。正月向けに2つのセットにアレンジして合計300個を用意します。

 

注文は市内外から受け付け、全国各地へ発送します。手作りのため数が限られますが、毎年、予定数量をほぼ完売する人気です。特に中高年層の女性から評判が良く、「素朴な味が懐かしい」「大根のちょうちん切りは珍しくて感激した」といった声が届くといいます。

各品はどれも、四季折々に表情を変える中国山地の山々、高梁川のせせらぎが聞こえる自然の中で育む農産物をおいしくいただくことが大地へ恩返しとの思いを大切にします。今年はカタログを一新し、作り手のこだわりや温もりが伝わるデザインに仕上げました。11月中旬からJAあしん広場などで注文書と合わせて配布を始めました。

加工部会の沖田恵子部会長は「何でも簡単に手に入る時代だからこそ、本物の味を届けたい。家庭のお取り寄せに、親戚や友達への贈り物として、多くに人に知って食べてもらいたい」と思いを込めます。

セットは10品入り5,500円、8品入り4,000円(どちらも消費税、送料込み)。JAあしん広場などで配布している申込書により、12月5日まで注文を受け付けています。お問合せは、新見地方農村生活交流グループ協議会の沖田さん(電話090-9410-0196)。

JAあしん広場に並ぶ手作り加工品