旬の話題

若い力で地域を元気に/新採用職員7人が入組

2015.7.10

JAは7月1日、今年度の新採用辞令を交付し、新入職員7人が地域と農業を守るJAマンとしての使命感と志を胸に一歩を踏み出しました。

JAマンとしての意気込みをみせる新入職員7人
JAマンとしての意気込みをみせる新入職員7人

4月から3か月間の研修を通じて、JA職員としての心得や基礎知識を学んだ他、選果場や牧場、農産物直売所などの業務を体験し、農業振興を担うJAの役割などに理解を深めました。新入職員は「組合員をはじめ地域の奉仕者としての自覚を持ち、全力で業務を遂行したい」と決意を述べました。

山本日吉司組合長は「地域とJAの将来を担う若者として夢と希望を持ち、協同組合活動に高いモチベーションを発揮してほしい」と激励しました。現在、次年度に採用の職員を募集中で、詳細は当ホームページの採用情報に掲載しています。