旬の話題

野菜を残さず食べたよ/刑部小でカレー作り

2015.7.24

 

JA阿新とともに食農教育活動に取り組んでいる市内の小学校で、夏野菜が実りました。児童たちが地域住民や女性部員らの協力を受けて植えたピーマン、ナス、ジャガイモ、オクラ、キュウリなどです。草取りや水やりなどに汗を流して自分たちで育てました。7月16日には刑部小学校3年の児童21人が収穫した野菜でカレーライスを作りました。児童は「たくさんの野菜ができて驚いた。カレーライスで残さず食べたい」と笑顔で話しました。調理や会食にはJA阿新女性部大佐支部の部員も参加。舩越昌子支部長は「地域の子どもたちのいきいきした表情を見られ、食農体験のすばらしさを感じた。女性部として郷土料理や食文化の伝承などの体験学習をサポートしていきたい」と話しています。

女性部大佐支部の部員に教わりながら、カレーライスを作る刑部小学校の児童
女性部大佐支部の部員に教わりながら、カレーライスを作る刑部小学校の児童