旬の話題

夏ギフトにハウスピオーネ/品質良く盆まで販売

2015.7.24

JA阿新と同ぶどう部会は、夏のギフト需要に応えるため、加温ハウス栽培のブドウ「ピオーネ」を盆までの期間限定で販売しています。

加温ハウス栽培ピオーネを出荷する田中部会長
加温ハウス栽培ピオーネを出荷する田中部会長

今年は春先に低温に見舞われたものの、ハウス内の温度を自動装置で細やかに管理し、色づき、糖度とも良好で安定した品質を確保しました。秋から本番を迎える主力の露地物を視野に、大阪、姫路、岡山の各市場に出荷します。

 加温物は、夏の高級果物として引き合いが強く、今年はベテラン農家7人が1.4㌶を栽培。出荷は7月22日から始めました。36㌧の出荷量を見込み、一部は姫路市場で継続的に取り組んでいる大手スーパーのイオンと契約販売します。

田中邦男部会長は「糖度は17から18と十分あり、甘くて芳醇に仕上がった。ベテランが作った選りすぐりのピオーネで秋に向けて販売攻勢をかけたい」とアピールしています。